Vitamin Massage's Blog

主に東京のゲイマッサージにいった感想ブログ。ガチムチよりはスリ筋、おじさんとガッツリセックスよりは若者と軽く。Tokyo gay massage review blog and guide (m4m)

2gether(ネットホモックス6-4)

はい、もはやゲイマッサージ・レビューが遙か彼方に飛んで行ってる説のある弊ブログ。
続いてはコロナ禍にある現在の世界的タイBLブームの立役者であるシリーズをとりあげます。
2gether
・2gether: The Series (2020)
・Still 2gether (2020)
・2gether: The Movie (2021)
「ブライトの顔」
ブライト(Bright Vachirawit)演じるサラワットとウィン(Win Metawin)演じるタインを主役とする大学ラブコメ。ブライトはテレビタレントとして子供の時からドラマやバラエティに出ていたようですが、このドラマで一気にスターダムに。ウィンは完全な新人さんだったそうです。あまりにも売れたので、粗筋や見どころは日本語でもたくさんあるので見て下さい。もうすぐ日本でも映画公開するそうです。
このドラマを映像作品としてまともに分析するのはちょっと難しいですが、おそらく意図せずしてタイBLの「お約束」を盛り込みすぎることで自己パロディ化しているのは興味深いです。お約束要素以外を見つけるほうが難しいし、別のドラマでカップリングされている脇役たちが新たな設定で惹かれ合うのも、彼らのファンを取り込もうという下心が見えるというか、ラディカルな選択とは言えない。ここまで異常に売れなければ、普通に佳作だとは思うんですが、正直、過大評価されすぎだと感じます。
じゃあ「ネットホモックス」的に見どころは?というと、エッチなシーンは殆ど無いし、サラワットのきれいすぎる顔としか言いようがないですね。顔が良い方が顔が普通の方を熱烈に好きっていうのが大事で、いちゃこくシーンはそれなりに幸せな気分になれます。あとはファンサービスで2人で仲良くしている様子をYouTube等でご覧下さい。また、性的な見方以外では、みんな優しいし、オカマに追いかけられるとか部活が大変とか以外に辛い出来事がない。幸せな世界。あと、実は音楽が他のドラマと比べて飛躍的に良いというのは、このドラマのヒットにちょっと貢献している気がします。
恥を忍んで2gether The Movie見ました…おばさまたちに紛れて…。
なんというか、見たことある人にとってはブライトの尊顔を大スクリーンで見るために1900円払うか、という話です。見たことない人には延々とドラマのダイジェストを見させられる体験で、2getherのヒットで生じる利潤を、劣化した付属商品でできるところまで回収しようと言う製作側あるいはプロモーター側のいじましい努力しか感じませんでした。見るか迷ってる人、見なくていいです!
Related Entries

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.