Vitamin Massage's Blog

主に東京のゲイマッサージにいった感想ブログ。ガチムチよりはスリ筋、おじさんとガッツリセックスよりは若者と軽く。Tokyo gay massage review blog and guide (m4m)

Dark Blue Kiss(ネットホモックス6-3)

ネットホモックス、タイBLスペシャルの続きです。
Dark Blue Kiss(~僕のキスは君だけに~)ワールド
・Kiss: The Series (2016)
・Kiss Me Again (2018)
・Our Skyy, ep.4 (2018)
・Dark Blue Kiss (2019)
「ピートの嫉妬が異常」
テイ(Tay Tawan)演じるピート(Pete)と、SOTUSのエムくんでもあるニュー(New, Newwiee)演じるカオ(Kao)の話です。残念ながら2016年の最初の登場シーンは見ることができていませんが、ちょい役だったようで、すでにこっそり付き合っている仲良し二人組として描写されているよう。また、その関係を友達グループの紅一点で姉御肌のサンデーだけが知ることになるという設定らしく、これだけ覚えておいて下さい!
2018年のKiss Me Againは、PeteKaoシーンだけのダイジェストがYoutubeにあります(英語字幕)。これは2016年の話の前夜譚で、ピートとカオの馴れ初めが語られるので、もしできれば本題のDark Blue Kissに入る前に見ておくといいかもしれません。スターウォーズのエピソード1-3みたいに、作品の製作とタイムラインが逆ということに注意です。最初の2シリーズでは二人は数ある脇役に過ぎず、大学生男女の惚れた腫れた群像劇と理解しています。SOTUSの成功もあり、2018年のKiss Me Againで人気に火がついたという感じでしょうか。Dark Blue Kissはタイムライン的には2016年の初篇の続きにあたるようです。オムニバスOur Skyy(ちなみにY seriesというのがBLを意味するようですね。ヤオイってこと?)にもピートとカオの話がありますが、これも...なんというか...イメージビデオみたいなもので、必須ではないです。タンクトップで水浴びするイケメンを見たければYouTubeにあります。
SOTUSシリーズに比べると、ピートの設定がalways horny(常にヤリたい)って思っているキャラだということもあり、上半身裸やや多め、セックスをほのめかす描写やや多め、キスも小盛り目という感じ。ただ、後述するターンタイプと比べたら全然控えめ。
SOTUSのときからニューのカワイさにキュンキュンしていたのですが、このシリーズでもニュー演じるカオが粗暴なピートに詰められるにせよ口説かれるにせよ襲われるにせよ「止めてよー」みたいに逃げようとしてみたり、ふてくされたピートの機嫌を直そうと甘えてみたりするのがいちいちかわいい。あと、ベビーフェイスと色白のジム育ちっぽい筋肉とのギャップ...。それに対する、ピートは異常に嫉妬深い男で、彼氏が別の男のインスタにいいねしただけで激怒するという本当にできていないヤツ。ただ、この野獣のようなやつががっついてくれることで性的なエネルギーが充填されているので感謝しかないです(?)。ちなみに役者は二人ともドノンケで、普通に彼女とラブラブの写真をインスタに挙げたりしてるし、このシリーズが終わった後に共演しているのを見ても、性的な感じはゼロ。ほんとに普通の仲の良い友達って感じでややさびいしいです。
このドラマのもう一つの主人公カップルはサンとモークで、こっちの話の方が普通にドラマに満ちているんですが、喧嘩っ早いキャラがやや多すぎて、お腹いっぱい感はある。それより、サンの弟レイン(Rain)が実はイケメン。演じているプルーム(Pluem)は2getherでもわりと重要な脇役で登場。そろそろ主役張らせてやってほしいけど、役者じゃなくて建築家を目指しているっぽい。
PeteKao(TayNew)は尊すぎてもう手を合わせるしかないんですが、問題点。オープニングテーマがダサい(SOTUSも)。あと、ストーリーがマジでオリジナリティゼロというか、これタイ(に限らず?)BL全体に言えることだと思うんだけど、マンネリ化は早い段階から始まっていたのだなあと言うことを感じさせられます。ターンタイプはセックス多めで勝負して、ちょっとサスペンス要素もあるので違うけど、2getherもマンネリといえばマンネリで、タイミングが良かったのと主人公の2人が魅力的だった(ブライトの顔とウィンの性格)のが功を奏したのはあるけど、出落ちっていうか設定以上のストーリーラインないですよね?浸かり始めてから日の浅いVitaminのタイBL沼の感想としては、バンコクの大学生ものは、SOTUSとターンタイプの両極のあいだにだいたい収まるのではないか。Dark Blue Kissもいちゃこくシーン無かったらほんとにクソみたいなストーリーだと思います笑。1人のサイコパスに振り回されすぎだっつーの。
Previous page Next page